Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 上級編 - 接続のたびに変わるドライブ名に対応する

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


接続のたびに変るドライブ名に対応する
 
USB接続などのドライブの場合、接続のたびにドライブ名が変わってしまうものがあります。このような場合、通常ですと、毎回バックアップ元、先の設定を変更しなければなりません。
BunBackupでは、ドライブ名を直接設定するのではなく間接的に設定することも可能なため、このような面倒を避けることができます。

Windowsは、ドライブに名称を付けることができます。この名称のことをボリュームラベルと言います。ボリュームラベルは、マイコンピュータの各ドライブをマウスの右ボタンでクリックすると「プロパティ」という項目がありますので、ここで設定することができます。

BunBackupは、このボリュームラベルを指定することで、バックアップ元、先を間接的に設定できます。

まず、バックアップ設定を開きます。

バックアップ設定

たとえば、バックアップ先のボリュームラベルが「BACKUP」だとします。
この場合は、「バックアップ先フォルダ」を以下のように設定します。

間接指定

<VOL_BACKUP>の部分がドライブ名を間接的に指定している部分です。
この設定の場合、ボリュームラベルが「BACKUP」というドライブを検索し、見つかった場合は<VOL_BACKUP>の部分がそのドライブ名に置き換わります。

そのため、BunBackupでは、ドライブ名が変わってもいちいち設定を変更することなくバックアップすることができます。

BunBackupは、ボリュームラベルだけでなく他の間接指定方法も用意しています。詳しくは、ヘルプの「バックアップ設定」の項目を参照してください。

バックアップ入門に戻る