Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 上級編 - コマンドラインオプションを使いこなす

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


コマンドラインオプションを使いこなす
 
BunBackupでは、一般の人が使用しない特種な機能は、コマンドラインオプションで設定します。

コマンドラインオプションは、以下のように設定します。
BunBackupのショートカット(アイコン)をマウスの右ボタンでクリックします。メニューを表示しますので、「ショートカットの作成」を選択すると、新たにショートカットを作成します。
次ぎに、新しく作成したショートカットをマウスの右ボタンでクリックします。メニューを表示しますので、「プロパティ」を選択します。すると「ショートカット」タブに、「リンク先」という項目があります。

たとえば、この「リンク先」が「C:\BunBackup\BunBackup.exe」だったとします。

リンク先

そこで、「リンク先」に「/CREATIONTIMECOPY」を追加します。

リンク先

「/CREATIONTIMECOPY」がコマンドラインオプションです。
このように設定すると、バックアップ元にあるファイルの「作成日時」の情報もコピーすることができます。

コマンドラインオプションにはこのほかにも以下のようなものがあります。

BACKUP BunBackup起動後、バックアップを実行し、バックアップ結果を表示します。
AUTO BunBackup起動後、バックアップを実行ます。バックアップ結果は表示しません。
WINEXIT BunBackupを終了後、Windowsも終了します。
WORKDIR 圧縮時に使用する一時ファイルを保存するフォルダを指定します。
ENV 環境設定ファイルを指定します。
ACLCOPY ファイルコピー時にACL情報もコピーします。

このほかにもコマンドラインオプションが用意されています。
詳しくは、ヘルプの「コマンドラインオプション」を参照してください。

バックアップ入門に戻る