Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 応用編 - バックアップ初心者にはポータブルHDDがお勧め

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


バックアップ初心者には
ポータブルHDDがお勧め

バックアップ用のメディアには様々なものがあります。
たとえば、CD-RやDVD-Rなどの光ディスク、USBメモリ、外付けHDD、NAS、オンラインストレージなどです。
その中で私が日頃のバックアップにお勧めするのは外付けHDD、特にポータブルHDDです。ポータブルHDDとは、持ち歩きを考慮したUSB接続の外付けHDDです。

CD-Rなどの光ディスクは、安価ですが、バックアップ使用するには容量が十分ではなく、書き込みの速度も速くありません。
USBメモリは、小さくて衝撃に強いので持ち運びが便利ですが、容量当たりの価格が高めです。
通常の外付けHDDやNASは、容量が大きくアクセスが高速ですが、持ち歩くことを考慮していません。

このように、容量、アクセス速度、価格、安全性などを考慮すると、完璧という方法ありません。
その中で、ポータブルHDDはバランスが取れていて、バックアップに向いているのではないかと思います。

私がポータブルHDDを勧める理由は、

  • 大容量
  • アクセスが高速
  • 持ち運びが容易

などです。

容量が少ないとバックアップ方法が複雑になり、管理が難しくなりします。
アクセス速度が遅いと、バックアップをするのが面倒になります。パソコンと同じ場所にバックアップしたものを置いておくと、盗難や災害に対処できません。ポータブルHDDは、これらに対処することができます。

価格は通常の外付けHDDよりは若干割高ですが、USBメモリやオンラインストレージに比較すると、容量当たりの価格はかなり安くなっています。
また、多くのポータブルHDDには、バックアップ用ソフトやセキュリティ用ソフトなどが付属しています。ソフト代を考慮すると、ポータブルHDDは意外と割安かもしれません。

 
ポータブルHDDの選び方
どのようなポータブルHDDを選べばいいのでしょうか。

1. 容量を決める

まず、バックアップに必要な容量を調べます。
容量を調べる場合は、「バックアップの準備」を参照してください。

2. 持ち運びのしやすさ

ポータブルHDDは一般的な外付けHDDとは異なり、持ち運ぶことを考慮しています。バックアップしたものをパソコンと同じ場所に置くよりも、違う場所に保管した方が、場所を分散することになりますのでより安全です。そのため、持ち運びしやすいことも重要です。
できれば表面に滑りづらい加工がしてあると、手や机などから滑って落としてしまうことを防げるかもしれません。
また、通常ポータブルHDDにはUSBケーブルが付属していますが、これを本体に巻き付けるタイプの方が、持ち運びが楽になります。

3. 耐衝撃性

最近のポータブルHDDはほとんどのものが耐衝撃性を考慮していますので、機種によっての違いはそれほど大きくないかもしれません。ただ、耐衝撃性能、耐圧性能は高いに越したことはありませんので、これらをカタログなどで確認してください。
また、ポータブルHDDによってはプロテクタがオプションで用意されていたり、ケースが用意されていたりします。これらを利用すると、さらに衝撃に強くなります。

4.セキュリティ

ポータブルHDDは持ち運ぶことができますが、その際に紛失や盗難には十分注意する必要があります。
ポータブルHDDによっては、セキュリティ機能が用意されていたり、ファイルを暗号化するソフトが付属していたりします。
ポータブルHDDを購入する場合は、セキュリティの機能も重要になります。
BunBackupには暗号化機能がありますので、これを利用するのも一つの方法です。

バックアップ入門に戻る