Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 応用編 - バックアップ後に自動でパソコンの電源を切る

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


バックアップ後に自動で
パソコンの電源を切る

バックアップは、一日の作業が終了して、パソコンの電源を切る直前に行う人が多いのではないでしょうか。
BunBackupでは、バックアップ後に自動でパソコンの電源切る機能があります。この機能を利用すると、バックアップ後に自動的にパソコンの電源を切ることができます。

この機能を利用すると、バックアップの終了を待つ必要がなくなり、時間の節約にもなります。

メニューからの実行方法

メニューから「バックアップ後Windows終了」を使用する場合は、下記の手順で設定してください。

  1. 「設定」メニューの「機能選択」をクリックする
  2. 「バックアップ後終了」をチェックする
  3. 「OK」ボタンをクリックする
  4. 「バックアップ」メニューの「バックアップ後Windows終了」をクリックする
これで、バックアップが終了すると自動でパソコンの電源が切れます。
「バックアップ後Windows終了」は、Ctrlキーを押しながらF9キーを押すことでも実行できます

なお、パソコンや、Windowsの設定によっては自動でパソコンの電源が切れない場合があります。そのため、実際に使用する前に電源が切れることを確認してから、この機能を使用することをお勧めします。

コマンドラインオプションからの実行方法

「バックアップ後Windows終了」同様の機能は、コマンドラインオプションからも可能です。コマンドラインオプションの「WINEXIT」を使用してください。

設定例
"C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.exe" /WINEXIT

詳しくはヘルプの「コマンドラインオプション」を参照してください。

コマンドラインオプションからこの機能を利用すると、デスクトップなどにショートカットを作成して、パソコンの電源を切るときにそのショートカットを起動してください。すると、バックアップ実行後自動でパソコンの電源を切ることができます。

ショートカットの設定例
ショートカットの作成は、「BunBackupユーティリティー」を利用すると簡単です。

BunBackupユーティリティーを起動し、「ショートカット作成」タブで以下のように設定してください。
  1. 「作成場所」で「デスクトップ」を選択する
  2. 「起動後バックアップ開始」をチェックする
  3. バックアップに使用する設定ファイルを「BunBackupの設定ファイル」で指定する
  4. 「ショートカット作成」ボタンをクリックする
これでBunBackupのショートカットがデスクトップに作成されます。

このショートカットをマウスの右ボタンでクリックするとメニューを表示しますので、その中の「プロパティ」を選択してください。
プロパティを開くと「リンク先」がたとえば以下のようになっています

"C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.exe" "C:\My Documents\Sample.lbk" /AUTO
(パス名は、環境により異なります)

ここの「/AUTO」の部分を「/WINEXIT」に置換してください
これで、このショートカットをダブルクリックしますと、バックアップ後Windowsをシャットダウンします

なお、この場合はバックアップ結果を表示しませんので、ログを記録することをお勧めします

バックアップ入門に戻る