Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 応用編 - 短時間でバックアップする

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


短時間でバックアップする

バックアップに時間がかかると面倒になり、結局バックアップをしなくなってしまいます。そのため、短時間でバックアップができると言うことは重要です。
短時間でバックアップするためにはいくつかのポイントがあります。

ドライブの断片化を解消する
パソコンを使用しているとファイルが断片化されていきます。断片化されているファイルを読み込むと時間がかかります。
そのため、定期的にドライブの最適化してください。
「マイコンピュータ」のドライブ上でマウスの右ボタンでクリックするとメニューを表示します。そこで「プロパティ」を選択し、「ツール」タブにある「最適化する」ボタンをクリックすると、ドライブの最適化ができます。
対象ファイルを少なくする
バックアップの対象となるファイルが多くなると、ファイルの情報を取得するのにも、ファイルをコピーするのにも時間がかかります。
そのため、バックアップするファイル数を少なくすると、時間を短縮することができます。
たとえば、バックアップ元フォルダを安易に「E:」のようにドライブのルートにするのではなく、バックアップが必要なフォルダを選別して設定します。
また、対象・除外ファイル、除外フォルダの機能を使用して、不必要なファイルをコピーしないように設定します。

アクセス速度を速くする

最も効果があるのは、バックアップ元、先のアクセスを速くすることです。通常バックアップ元はローカルのHDDのことが多いと思いますので、バックアップ先のアクセスを速くすることを考えましょう。
たとえば、CD-Rにバックアップしていたのを外付けHDDにする、バックアップ先がNASの場合はLANが1000BASE-Tに対応しているものにする、HDDをRAIDにするなどです。

高速ファイルチェック機能を使用する
BunBackupには「高速ファイルチェック」という機能があります。
この機能は、バックアップしたファイル情報を記録し、その記録を元にバックアップ先のファイル情報を取得します。つまり、バックアップ先にアクセスしなくてもファイル情報を取得できるため、その分時間を短縮することができます。
この機能は、バックアップ先のアクセス速度が遅いときに特に有効です。

機能をたくさん使用しない
多くの機能を使用すると、その分処理が増えてしまうため、時間がかかってしまいます。そのため、使用する機能はできるだけ少なくするようにしましょう。

省メモリバックアップを試してみる
大量のファイルをバックアップするときはメモリが不足する場合があります。
この場合、メモリスワップが発生するため、非常に時間がかかるようになります。
このような場合は、「省メモリバックアップ」を試してみてください。
省メモリバックアップは一度に使用するメモリ容量を少なくすることができます。

ドライブ全体をバックアップする場合はイメージバックアップソフトを利用する
ドライブ全体など非常に多くのファイルを一度にバックアップしたい場合は、イメージバックアップソフトを検討してみてください。非常に多くのファイルの場合、ファイルバックアップよりもイメージバックアップの方が効率がよい場合があります。特にCドライブなど、OSのファイルやプログラムファイルなどがある場合は、バックアップや復元が簡単なイメージバックアップをお勧めします。

イメージバックアップソフトはいろいろありますので、いろいろ試してみて、自分の環境にあったものを探してください。
どれがよいかよくわからない場合は、Acronis True Image Home をお勧めします。このソフトは多機能な割りに操作しやすく、マニュアル類も親切でわかりやすいと思います。
もっと安いソフトで単にイメージバックアップができれば良いという場合は、Acronis True Image Personal をお勧めします。
 
バックアップ入門に戻る