ホーム - 算関 - 変数

変数


変数

 変数
変数を使用できます。
使用できる変数は、A、B、C、D、M、X、Yです。
変数に値を入力する場合は[=]を使用します。「a=1+2*3」
変数は式に使用できます。「1+2*a+b」「sin(a+b)」
変数は変数に代入できます。「a=b+c」「m=m+ans」

変数の値はソフトを終了するとクリアされます
ソフトを終了してもクリアされない特殊な変数として、CA、CB、CC、CDが用意されています。「ca=3.14」
これらの変数の値はソフトを終了しても保持されます
 変数M
変数M
変数Mに数値が入力されると、ウインドウ上部にMボタンが表示され値を表示します。
Mをクリアする場合は、「m=0」と入力します。
Mをクリアした場合はMボタンが消えます。
 キーボード(M+、M-、MCount)
変数Mは通常の変数同様扱えますが、キーボードからM+、M-を行うことができます。
計算結果をMに足す(M+)場合は、Ctrl+Mキーを押します。
計算結果をMから引く(M-)場合は、Ctrl+Shift+Mキーを押します。
Mをクリアする場合は、Ctrl+Shift+Alt+Mキーを押します。

M+、M-した回数はMCountという変数に記録されています。
「MCount」と入力してEnterキーを押すと、計算した回数を表示します。
MCountは数式の中に使用できます。たとえばM+した値の平均を求める場合は「M/MCount」と入力します。
MをクリアするとMCountは0になります。