間接指定

バックアップ先・元フォルダなどで、フルパスを直接設定するのではなく、間接的にパスを指定いるする機能です

通常「バックアップ元フォルダ」「バックアップ先フォルダ」を設定する場合は、ドライブ名+フォルダ名という形式のフルパス名で記述します(例: C:\Documents and Settings\Nagatsuki)
BunBackupでは、フルパス名で設定するだけでなく、間接指定という機能があります

間接指定を利用すると、パソコンによって変化するフルパス名に対応したり、毎回変わってしまうドライブ名に対応したりすることができます
たとえば、「マイドキュメント」のフルパス名は、OSやアカウント名などによって変化します
このような場合、間接指定を使用すると、「<WIN_マイドキュメント>」と設定するだけで対応することができます

間接指定したい場合は、パスを設定する場所で、間接指定したいところに「<」「>」で囲って間接指定を設定します
「<」に後に間接指定の種類を記述し、「_」(アンダースコア)の後に間接指定のパラメータを記述します
例) <VOL_USBMemory>\Backup

BunBackupで使用できる間接指定には以下のものがあります

Windowsディレクトリ

<WIN_マイドキュメント>
<WIN_マイミュージック>
<WIN_マイピクチャ>
<WIN_デスクトップ>
<WIN_お気に入り>
<WIN_Cookies>
<WIN_Application Data>
<WIN_Local Application Data>
<WIN_Program Files フォルダ>
<WIN_Program Files Common フォルダ>
<WIN_SendTo>
<WIN_プログラム>
<WIN_スタートアップ>
<WIN_最近使ったファイル>
<WIN_スタートメニュー>
<WIN_テンプレート>
<WIN_インターネット一時フォルダ>
<WIN_履歴>
<WIN_AllUsers デスクトップ>
<WIN_AllUsers お気に入り>
<WIN_AllUsers Application Data>
<WIN_AllUsers スタートメニュー>
<WIN_AllUsers プログラム>
<WIN_AllUsers スタートアップ>
<WIN_AllUsers テンプレート>
<WIN_AllUsers ドキュメント>
<WIN_AllUsers 管理ツールディレクトリ>
<WIN_Windows ディレクトリ>
<WIN_Windows System ディレクトリ>
<WIN_Profile フォルダ>
<WIN_NetHood>
<WIN_PrintHood>

Windowsの「マイドキュメント」などのWindowsディレクトリを指定することができます。
たとえば、「マイドキュメント」のフォルダを指定する場合は、「<WIN_マイドキュメント>」と設定します。また、「Application Data」にある「BunBackup」というフォルダを指定する場合は、「<WIN_Application Data>\BunBackup」と設定します。
Windowsディレクトリは、OSやInternet Explorerなど、そのパソコンにインストールしているアプリケーションによっても、使用できるものと使用できないものがありますので注意してください。

例)
「マイドキュメント」をバックアップする場合
<WIN_マイドキュメント>

環境変数の値


<ENV_(環境変数)>

Windowsの環境変数を参照することができます。

例)
<ENV_TEMP>
と設定すると、環境変数%TEMP%の値を参照することができます。


アプリケーションがインストールされているフォルダ


<APP_(アプリケーション名)>

Windowsの「スタート」ボタンの「プログラム」などには、各アプリケーション名が登録されています。このアプリケーション名を元に、インストールされているフォルダを検索して参照することができます。

アプリケーションがインストールされているフォルダを検索する順番は以下の通りです。
  1. ログインユーザーの「プログラム」ディレクトリ
  2. すべてのユーザーの「プログラム」ディレクトリ
  3. タスクバーの「クイック起動」
  4. 「デスクトップ」ディレクトリ

これらのフォルダで指定されたアプリケーション名のショートカットを検索し、そのショートカットのパス名を参照します。そのため、上記にショートカットがないアプリケーションは参照することができません。

例)
BunBackupがインストールされているフォルダを参照する場合
<APP_BunBackup>
と設定します。
同じ名前のアプリケーションが複数インストールされている場合は、親フォルダも指定してください。たとえば、「<APP_バックアップソフト\BunBackup>」というように設定します。

レジストリにあるパス名

<REG_HKEY_CURRENT_USER\(Key):(Name)>
<REG_HKEY_USERS\(Key):(Name)>
<REG_HKEY_CLASSES_ROOT\(Key):(Name)>
<REG_HKEY_LOCAL_MACHINE\(Key):(Name)>
<REG_HKEY_CURRENT_CONFIG\(Key):(Name)>

レジストリのKeyとNameを指定し、その値を参照することができます。
レジストリにバックアップするパス名が記録されている場合などに使用します。
なお、ここでの間接指定は、レジストリの値をバックアップするものではありません。レジストリに書かれているパス名をバックアップ元フォルダとして参照するためのものです。

例)
たとえば、BunBackupで「レジストリを使用する」の設定にしている場合、レジストリキー「HKEY_CURRENT_USER\Software \Bun\BunBackup\File」の「DataFilePath」に設定ファイルが保存されているフォルダ名が入っています。
これを参照するためには、以下のように設定します。
<REG_HKEY_CURRENT_USER\Software\Bun\BunBackup\File:DataFilePath>

INIファイルにあるパス名

<INI_"(フルパス名)":(Section):(Key)>
<INI_[(間接指定)]\(INIファイル名):(Section):(Key)>

INIファイルのSectionとKeyを指定し、その値を参照することができます。INIファイルは、フルパスで設定することもできますし、間接的に指定することもできます。
INIファイルを間接指定する場合は、BunBackup.exeがあるフォルダ、Windowsディレクトリ、レジストリの値、アプリケーションがインストールされているフォルダ、環境変数の値を指定することができます。

例)
INIファイルをフルパスで指定する例
INIファイルが「C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.ini」にあって、FileセクションのDataFilePathキーの値を参照する場合は、
<INI_"C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.ini":File:DataFilePath>
としています。

INIファイルを間接的に指定する例
INIファイルがBunBackupをインストールしているフォルダの「BunBackup.ini」で、FileセクションのDataFilePathキーの値を参照する場合は、
<INI_[APP_BunBackup]\BunBackup.ini:File:DataFilePath>
としています。

日時

<DAT_(日時フォーマット)>

現在日時や曜日を出力することができます。
バックアップ先を日時ごとに分けたい場合や、曜日ごとにバックアップ先を変えたい場合などに便利です。
日時フォーマットには以下のものが使用できます。

yy
yyyy
mm
dd
hh
mm
ss
ddd 曜日(省略形)
dddd 曜日(完全形)
例)
20090101と出力する例
<DAT_yyyymmdd>
090101 0000と出力する例
<DAT_yymmdd hhdd>
月曜日と出力する例
<DAT_dddd>
ボリュームラベル

<VOL_(ボリュームラベル)>

指定されたボリュームラベルを検索し、そのドライブ名を出力します。
USB接続のHDDなど、接続のたびにドライブ名が変わる場合に使用すると便利です。

例)
ボリュームラベルが「DATA」のドライブを指定する例
<VOL_DATA>

コンピューター名

<SYS_ComputerName>

Windowsのシステム情報に登録されているコンピューター名を出力します。

例)
<SYS_ComputerName>

ユーザー名

<SYS_UserName>

ログインしているユーザー名を出力します

例)
<SYS_UserName>

BunBackupがあるフォルダ

<SLF>

BunBackup.exeがあるフォルダを指定することができます。
たとえば、BunBackupが「C:\Program Files\BunBackup\BunBackup.exe」にある場合は、「<SLF>」と設定すると「C:\Program Files\BunBackup」を表します。

例)
BunBackup.exeがあるフォルダのサブフォルダ「Data」をバックアップする場合
<SLF>\Data

BunBackup.exeがあるフォルダの上のフォルダ「BunPiece」をバックアップする場合
<SLF>\..\BunPiece

設定ファイルのファイル名

<LBK>

BunBackupの設定ファイル(拡張子が.lbkのファイル)のファイル名を指定することができます
たとえば、BunBackupの設定ファイル名が「バックアップ.lbk」の場合は、「<LBK>」と設定すると「バックアップ」を表します。(拡張子.lbkは表示されません)
この機能を使用すると、設定ファイルごとにログを作成することができます。

例)
「環境設定」の「ログ」タブにある「ログファイル名」を以下のように設定します
ログ-<LBK>.txt
このように設定すると、設定ファイルが「バックアップ.lbk」だった場合、ログのファイル名は以下のようになります
ログ-バックアップ.txt

ユーザー入力

<INP>

設定ファイルを開いたときにダイアログを表示し、ユーザーがパス名を入力することができます。
入力したパス名で「<INP>」が置換されます。
ユーザーの入力後、その設定ファイルを上書き保存すれば、置換されたフォルダ名が記録され、以降はダイアログを表示しません。

例)
バックアップ先(または元)フォルダをユーザーが入力する場合
<INP>

バックアップ先(または元)フォルダの一部をユーザーが入力する場合
<INP>\MyData
C:\Folder1\<INP>\Data