Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 何をバックアップすればいいの?

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


何をバックアップすればいいの?
 
バックアップといっても、パソコン初心者にとって何をバックアップすればいいのかは意外とわかりづらいものです。人によってバックアップが必要なファイルは異なると思いますが、代表的なものを考えてみましょう。

バックアップの基本は、無くなったら困るファイルを別の場所にコピーすることです。
無くなって困るファイルとして、まず考えられるのは、自分で作成したファイルです。たとえば、WordやExcelで作成したデータ、年賀状などの住所録、ゲームなどのセーブデータなどです。通常自分が作成したファイルは「マイドキュメント」にあることが多いと思いますので、まずこれをバックアップしましょう。

次に考えられるのは、デジカメで撮影した写真や動画などがあります。
写真などは、無くしてしまうと二度と元に戻すことができません。大事な思い出が詰まった写真を無くさないために、必ずバックアップしましょう。

人によっては、メールのデータも重要かもしれません。
メール関係のファイルがある場所は、使用しているメーラーによって異なります。各メーラーのバックアップに関する情報を調べて下さい。

また、購入してダウンロードしたiTunesやiPodなどの音楽ファイル、アプリケーションなどもバックアップした方がいいかもしれません。

バックアップが必要なファイル
バックアップが必要なファイルを具体的にまとめると、こんな感じでしょうか。
  • マイドキュメント
  • メール
  • アドレス帳
  • お気に入り(ブックマーク)
  • クッキー
  • ダウンロードしたファイル
  • オンラインで購入したファイル(アプリケーション、音楽(iTunes,iPod)など)
  • OPML(ブログ)
  • 写真(JPGファイルなど)
  • 音楽(MP3ファイルなど)
  • 壁紙
  • スクリーンセーバー
  • 動画
  • IMEの辞書ファイル
  • 年賀状ソフトの住所録と文面
  • 名刺データ
  • 携帯電話などの電話帳
  • ゲームなどのセーブデータ
  • フォント
  • アプリケーションの設定ファイル(.iniなど)
  • アプリケーションのスキン
  • アプリケーションのプラグイン
このほかにもいろいろあると思います。
無くして困るファイルは、人によって異なりますので、自分が普段使用しているファイルがどこにあるかは確認しておきましょう。

次へ