Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 応用編 - 高度な自動バックアップをする

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


高度な自動バックアップする
 
基本的な自動バックアップ方法については、「自動バックアップする」で説明しました。
今回は、もっと複雑な自動バックアップについてご説明します。
BunBackupでもっと複雑な自動バックアップの設定をしたい場合は、Windowsのタスクを利用します。タスクを利用すると、様々な設定が可能になります。
たとえば、
  • 決まった曜日にバックアップをする
  • スリープ中にバックアップを実行する
  • バッテリで動作しているときは自動バックアップしない
  • アイドル状態の時に自動バックアップする
などが可能になります。

では、タスクの設定方法をご説明します。
BunBackupを起動し、「設定」メニューの「機能表示設定」で、「自動バックアップ」をチェックしてください。

機能表示設定

次ぎに、「設定」メニューの「環境設定」を選択し、「自動バックアップ」タブを選択してください。

環境設定

「Windows起動時に常駐」ボタンをクリックします。

 Windows起動時に常駐

タスクに登録する「登録名」を入力します。ここは何を入力してもかまいません。
次ぎに、バックアップに使用する設定ファイルを設定します。
次ぎに、「登録先」で「タスク」を選択します。
次ぎに、「OK」ボタンをクリックします。

アカウントとパスワード

タスク実行時の「アカウント」とその「パスワード」を入力します。
ここでのアカウントとは、Windowsに設定しているユーザーアカウントのことです。

注意
アカウントやパスワードが間違っていると、タスクが起動しませんので注意してください。
アカウントにパスワードを登録していない場合は、タスクが起動しない場合があります。このような場合は、タスク実行用のアカウントを新規作成し、パスワードを設定してください。
バックアップするためには、バックアップ元・先のアクセス権が必要です。アカウントが制限ユーザーなど、フォルダやファイルのアクセスに制限がある場合はバックアップができない場合がありますので注意してください。
「アカウント」「パスワード」を入力したら、「OK」ボタンをクリックします。

タスクの設定

ここで、タスクの設定を行います。
たとえば、金曜日の12時に自動バックアップしたい場合は、以下のように設定します。

週単位の設定

  1. 「タスクのスケジュール」で「週単位」を選択する
  2. 「開始時刻」を「12:00」に設定する
  3. 「金」をチェックする
  4. 「詳細設定」ボタンをクリックする
  5. 「タスクを繰り返し実行する」のチェックを外す
タスクを繰り返し実行

これで、金曜日の12時に自動バックアップが開始されます。
さらに高度な設定をしたい場合は、「設定」タブで行ってください。

設定
 
バックアップ入門に戻る