Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 上級編 - バックアップ容量を少なくする

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


自動バックアップする
 
バックアップは面倒です。
そこで、自動的にでバックアップできれば手間も省けますし、バックアップをし忘れることもありません。

BunBackupで自動バックアップの方法をご説明します。
まず、機能表示設定で「自動バックアップ」をチェックしてください。
次に、「設定」メニューの「環境設定」を選択します。
「自動バックアップ」タブを表示すると、自動バックアップの設定が表示されます。

自動バックアップ設定

「自動バックアップする」をチェックします。
バックアップする間隔を、「間隔」で設定します。「分ごと」など、バックアップ間隔が短いとパソコンに負荷がかかりますので、必要に応じてバックアップ間隔を調整してください。
これで、「OK」ボタンをクリックすると、BunBackupウインドウ下部に、「次バックアップ日時」を表示します。

次バックアップ日時

「次バックアップ日時」が来たら、自動的にバックアップを開始します。
なお、自動バックアップは「サイレントバックアップ」というモードで実行されます。サイレントバックアップは、プレビューや結果を表示しません。また、バックアップ中の状況も表示しません。バックグラウンドでバックアップが実行されます。

自動バックアップする場合、タスクトレイアイコンを表示すると、バックアップ中アニメーションを表示したり、バックアップできなかったファイルがあると点滅したりすることができ便利です。詳しくはヘルプなどを参照してください。

自動バックアップはBunBackupの機能を使用するほかに、Windowsのタスクを利用することもできます。タスクを利用した方が、より高度な設定が可能になりますので、BunBackupの自動バックアップ機能で物足りなくなった場合は、タスクの利用を検討してください。(高度な自動バックアップをする

バックアップ入門に戻る