暗号化

ファイルを暗号化してバックアップします
BunBackupでは、「Blowfish」というアルゴリズムで暗号化します
「Blowfish」の安全性などについては、書籍やホームページなどを参照してください

■暗号化、または復号化する

バックアップ元のファイルを暗号化、または復号化(暗号を解除)してバックアップ先にコピーする場合にチェックします

■暗号化、復号化

ファイルを暗号化する場合は「暗号化」、暗号化したファイルを復号化する場合は「復号化」を選択してください

■キー

暗号化、または復号化するときのキーを入力します
キーは、半角の英数字を入力してください
全角の漢字などは使用することはできません

キーを空欄にした場合は、バックアップ時にキー入力のダイアログを表示します
(サイレントバックアップの場合は、キーが空欄の場合、キー入力のダイアログを表示しませんので注意してください)
確認入力
通常キーを入力するときには、安全のためにキーを「*」で表示するため目で確認することができません
「確認入力」ボタンをクリックしてキーを入力すると、キーを目で確認して入力することができます

注意

キーは絶対に忘れないで下さい
キーを忘れた場合は、復号することができなくなります
キーを忘れた場合は、開発側でも復号することができません

BunBackupで暗号化したファイルを復号化する方法

復号化するには3つの方法があります
●BunBackupで復号化する
上記の「復号化」を選択することで、復号化することができます
この方法を使用すると、復号化のためにほかのソフトは必要ありません
●BunRestoreで復号化する
「BunBackup設定ファイルからリストア先を設定」を選択した場合は、復号化してリストアすることができます
●BunDecodeで復号化する
BunBackupで暗号化したファイルを復号化するための専用ソフトです
このソフトに暗号化したファイルをドラッグ&ドロップするだけで簡単に復号化することができます
復号化するときのキーを保存せずに、毎回入力するようにもできるので、セキュリティ的に安心です

「BunRestore」「BunDecode」は、BunBackupを公開しているホームページで入手することができます

▼BunBackupホームページ
http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/

ヒント

圧縮率
通常暗号化すると、ファイルの内容が意味不明なデータに並べ替えられるため、圧縮しても圧縮率が非常に低くなります
圧縮する場合は、圧縮してから暗号化するようにしてください
より安全性を高めるために
ファイル名がわかると、ファイルの中にどのようなデータが入っているかを想像することができます
また、拡張子がわかると、どのアプリケーションで作成したファイルかを判断することができます
そのため、ファイル名がわからないようにした方がより安全です
BunBackupではファイル名の変更を行ってしまうと、差分のバックアップができなくなってしまいますが、圧縮と暗号化を同時に利用すると、圧縮された中にどのようなファイル名が入っているかがわからなくなるため、より安全性が高くなります
その圧縮したファイルの拡張子を、手動で圧縮ファイルとはわからない拡張子にすると、さらに安全性が高くなります
(この場合は、次回バックアップするときに手動で圧縮ファイル名を元に戻してください)

暗号アルゴリズム「Blowfish」について

Blowfishは、Bruce Schneier 氏が考案したアルゴリズムで、448bit までの可変長キーを使うことができるブロック暗号アルゴリズムです
BunBackupでBlowfishを採用したのは以下の理由からです
特に大量のファイルを扱うBunBackupの場合「速い」ということは重要ですが、Blowfishは暗号にかかる時間が短く、BunBackupは最適なアルゴリズムと考えました

設定場所

バックアップ設定」で「詳細」ボタンをクリックして「バックアップ詳細設定」を表示し、「暗号化」タブをクリックします

機能表示設定

この機能の設定する場合は、あらかじめ「機能表示設定」で「暗号化」をチェックしてください
「機能表示設定」でチェックしないと「暗号化」の設定項目が表示されません