Nagatsuki - BunBackup - バックアップ入門 - 中級編 - バックアップ結果を記録する(ログ)

バックアップソフトメーカーのアール・アイ 製品情報


バックアップ結果を記録する(ログ)
 

ログはバックアップ結果を記録する機能です。

ログ機能をい使用する場合は、まず「機能表示設定」で「ログ」をチェックします。
次ぎに、「設定」メニューの「環境設定」を選択します。

ログ

「ログを記録する」をチェックし、「ログファイル名」を設定します。
ログファイルが肥大化しないように、記録回数を設定することも可能です。記録回数を設定する場合は「記録回数」に回数を入力してください。「0」を入力すると無制限に記録できます。

ログ機能を使用すると、コピーしたファイル、削除したファイル、コピーできなかったファイルをテキストファイルに記録します。記録したログは、「設定」メニューの「ログ表示」機能で表示することができます。また、ログファイルはテキストファイルになっているため、Windowsのメモ帳などでも開くことができます。

ログは正常にバックアップしているときには必要ありませんが、コピーできなかったファイルがあったときや、後日バックアップ結果を確認するの に便利です。また、自動バックアップやサイレントバックアップなど、結果を表示しないバックアップをした場合は、ログを記録しておくとコピー状況を後から 確認することができます。
コピーできなかったエラーファイルは、ログを表示し「エラーファイル」欄にあるファイルをダブルクリックすると、コピーできなかった原因を表示することができます。

ログは保存しておく回数を設定できるようになっていますので、それほどHDDの容量を圧迫しません。後日バックアップ結果を確認するために、ログの記録を推奨します。

バックアップ入門に戻る